Home > 運用方針 > 私の投資スタンス

私の投資スタンス

4月 22nd, 2009

自分の投資スタンスを一応まとめ
基本は長期分散投資と考える。だが、手数料の安いインデックス投信だけというのは若干疑問。個人的には今後長期的に円安が進むことを前提とし、インデックス投信→ETFへのリレー投資と外貨定期預金・外貨建MMFとアクティブ系投信とのバランスを考えていきたい。景気や為替を見ながら、キャッシュ比率を調整。(生活資金でないので株式比率は高めでいく)

長期的な投資
基本的に老後資金のため。好きなことを出来る程度に貯めたい。
60歳でリタイヤし、日々ゴルフ・フライフィッシング・スキューバ・カジノなどの趣味に没頭し、年間の半分程度はゆっくり旅行したい。
AMGやマセラティは買わない
必要なものは手に入れた。贅沢をせずその分を投資に回す。もちろん自分の趣味は守る。沖縄の珊瑚に漂い、美味いものを食す。たまには仲のいい友人とゴルフや釣りに行ったり自転車で森の空気を感じる。そしてマカオやベガスでのほどほどのバカラ。これは人生からはずせない。
時間は使いたくない
日々チャートとにらめっこする時間はない。デイトレなどはもってのほか。休日はもちろん家族や友人と楽しく過ごす。
証券会社は頼らない
金融機関の人間は顧客の利益より自分の利益しか考えない人種だと勝手に思っている。
資金は余裕資金で
自分の小遣いを削り貯蓄に回す。
目標
20~25年後に小遣いが5000万くらいあるといい。
利回り
住宅ローン金利を上回ることを最低条件にする。上の目標金額にはこだわりすぎないでおく。
妻には内緒
あれば使ってしまうと考える相手なので数字は見せられない。老後の生活資金は彼女が手を出せないように作らねば。
日本円より外貨で
私は少子高齢化が進む日本経済の将来に明るさを見いだせない。短期的に必要となる資金とは切り離し、長期的には円安進行を前提に外貨の比率を高めに。
人生のプライオリティは変えない
私にとって最も大切なのが自分と家族の健康。次に仕事。そして家族との安心できる時間と沢山ある趣味にかける時間が大切。投資によりこれらの優先順位を変えることはしない。

運用方針

  1. No comments yet.

Home > 運用方針 > 私の投資スタンス