Archive

Archive for the ‘商品サービス比較’ Category

ETFを手数料無料で購入

8月 25th, 2009

私は投資のメインをETF投資としていますが、投信に比べ売買時の手数料がかかるのが多少辛いもの。
そこで、当然売買手数料の節約を検討し、現在松井証券野村證券にて手数料無料で購入しています。
両社の場合は1日の約定金額が一定額までの場合に手数料が無料となることを利用しています。
私は使っていませんが、動揺のサービスは岡三オンライン証券にもありますので、3社を使えば合計で1日最大40万円までの約定は無料化出来る計算になります。

当然多額の売買をする方には当てはまりませんが、チマチマと買い足していくバイアンドホールドを基本とするインデックス投資家には充分だと思います。
国内ETFで私が購入している1306・1348は09年8月現在10,000円以下で購入できますし、1309も3万円台なので、積み増すのには手数料をかけずに購入しています。
当然同じ銘柄を数社に分散して保有するのは不便ですので、ある程度まとまったところで、金額に見合った(つまり保有残高を全て売却したときの手数料が安い)証券会社(SBI証券楽天証券の予定)に移管するつもりですが、出庫手数料もかかりません。

Read more…

商品サービス比較, 運用方針 , ,

銀行引落で投信積立可能なネット証券

8月 11th, 2009

現在息子名義でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド を積立ているが、他の投資信託を同様に長期積立をすることにした。
私が投信積立に利用しているSBI証券(旧イートレード証券)では一度証券会社の口座に入金する手間がかかります。(住信SBIネット銀行からは入金不要)
息子名義の積立は基本的にはバイアンドホールドつまり毎月積立購入したらそのまま彼が成長するまでほったらかしの予定なので、月に1回とは言え証券会社のサイトにログインして入金する手間も省きたい。私名義ならクレジットカード払いでもいいのだが、息子名義なので、銀行引落が出来るネット証券に口座開設することにした。(住信SBIネット銀行は未成年口座を開設できないのでSBI証券は却下)

そもそも銀行で投信積立すればいいのだが、2009年8月現在取扱商品が少なく、購入したい投資信託がラインナップされていない。
因みに長期間保有予定なので、海外株式中心の信託報酬の低いノーロード投信を選択する予定。(ETFへのリレー投資は未定)
いろいろ検討したが、商品ラインナップの充実度を優先し、マネックス証券で積み立てることにした。

(参考)都銀各行の取扱投資信託
三菱東京UFJ銀行 投資信託 商品ラインアップ
三井住友銀行 国内投資信託
みずほ銀行取扱いファンド一覧

Read more…

商品サービス比較 , , ,

海外ETF

8月 3rd, 2009
コメントは受け付けていません。

ETF(上場投資信託)は投資信託に比べ手数料が安く長期投資向けの商品だと思いますが、歴史の浅い日本ではまだまだ商品数が少なく、海外ETFを検討するのも価値があります。
特にETF発祥の米国は選択肢が多く、流動性が高いので多くの投資家が利用しています。

また、ヨーロッパや中国のETFも魅力的なものが多く、利用者も多いようです。

海外ETFに投資する場合、海外株式用の口座が必要となります。
取扱が商品が多く、販売手数料が安いのはやはり下記のネット証券3社です。
為替手数料・外国株式手数料を検討すると僅かの差がありますが、それほど気になるほどではないかもしれません。
SBI証券 米国、中国(香港)
マネックス証券 米国、中国(香港)
楽天証券 米国、中国(香港)

口座開設においては、取引手数料、為替手数料のほか、取扱商品数・取引ツール等使い勝手をご検討ください。

Read more…

商品サービス比較, 投資の基本 ,

海外証券口座Firstradeに口座開設

7月 18th, 2009

最近楽天証券SBI証券マネックス証券などオンライン系証券会社を中心に海外ETFのラインナップが増えてきましたが、やはり商品数や売買手数料を考えると海外証券口座を持つのはメリットがあります。

もちろん、税務申告が簡易的に出来るなど国内証券会社のメリットもあるので、一長一短なのですが、大きな資金を運用するのであれば検討する価値は大きいと思います。

私もアメリカの証券ブローカーをいろいろ検討してみたのですが、とりあえず国内の利用者も多いFirstradeを開設しました。
Firstradeは1取引あたりの手数料が$6.95と、アメリカの証券ブローカーの中では安い部類で、Mutual Fund(投資信託)も豊富で国内利用者が多くネット上で日本語での情報入手が最もしやすい会社です。

Read more…

商品サービス比較 , , ,

楽天証券で「外貨建てMMFの為替スプレッド0円キャンペーン」

6月 26th, 2009

楽天証券が創業10周年特別企画として「外貨建てMMFの為替手数料0円キャンペーン」を行っています。
本日2009/06/26から2009年7月31日(金)13:50申込分までですので、今から楽天証券に口座開設しても充分間に合うと思います。

楽天証券取扱い外貨建てMMF全6通貨のお買付時の為替スプレッドが0円でお取引いただけます。
「外貨投資デビューしたい!」、「外貨預金以外の外貨投資にもチャレンジしたい!」、「なるべくコストを抑えて投資したい」
お客様は、この機会にぜひ、外貨投資デビューしませんか?

楽天証券の場合、外貨建MMFの残高で海外ETFや外国債券を直接購入できるので、海外ETFを購入するための外貨を置いておくことにも利用できます。
Read more…

商品サービス比較 ,

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

6月 25th, 2009

セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはバランス型の投資信託で非常に人気の高い商品となっています。
人気の理由は国内及び海外の株式・債券へバランス良く分散投資されていることと、バランス型の投資信託の中で信託報酬が低いことでしょう。
株式50:債券49:短期金融資産1
国内16.1%、米国43.3%、欧州32.9%、オセアニア1.9%、新興国4.8%

また、投資信託を積立購入する場合、一般的に毎月10,000円からのものが多いですが、5,000円から
銀行自動引落で積み立てできるのも特に投資初心者や、大きな魅力だと思います。

私自身は購入していないのですが、息子(私が資産管理者)が長期積立中です。
関連記事 → 未成年口座作成

Read more…

商品サービス比較 , ,

投資信託をクレジットカードで購入しポイントゲット

6月 22nd, 2009

私はクレジットカードで購入できるものは必ずカードで購入します。
なぜなら、ポイント還元が1~2%付いたり、マイレージが付き、現金や銀行口座引落よりお得だからです。(その上決済は翌月か翌々月になる)
私がマイレージを貯めているJALカードでは、フライトマイルも含めると毎年家族全員でハワイに1.5回くらい行ける程度は利用しているので、やはりカード利用はメリットが大きいと思います。

さて、投資信託やETFによるインデックス投資をいろいろ検討していく中、ふと投資商品をクレジットカードで購入できないかと考え調べてみました。
結論から言うとクレジットカードで積立は可能ですが、購入額全額のポイントゲットは難しいのが現状です。

Read more…

商品サービス比較 , , ,

丸三の20万円以下手数料改定に

6月 18th, 2009

丸三証券丸三証券の現物取引手数料を「一日コース」を選択した場合り、1日の株式約定代金の合計額が20万円以下の場合は、株式売買委託手数料が無料でしたが、09/06/18約定分をもって終了となってしまいました。

私の場合、住信-STAM TOPIXインデックス・オープンを積立購入し、20万円程度になった段階でETF1306(TOPIX連動型上場投資信託 )を丸三証券でリレー購入していたのですが、見直さないといけなくなりました。

Read more…

商品サービス比較 , , ,

ネットで使える銀行・証券会社を勝手に評価してみた

6月 12th, 2009

投資に目覚めるまではイーバンクしか使っていなかったオンライン系の契約も増えてきたので、インターネット取引の出来る利用中金融機関を2009/06現在の感想としてまとめておく。あくまで個人的な感想なので、ご理解ください。(随時更新予定)

Read more…

商品サービス比較 ,

バンガード トータル ワールド ストック ETF(VT)がいよいよ国内証券で取扱に

6月 11th, 2009

待ちに待った感がありますが、バンガード トータル ワールド ストック ETF(VT)マネックス証券楽天証券SBI証券などの証券会社で購入可能になるとのこと。(楽天では09/06/11から受付開始。)

個人的にはポートフォリオ・アセットアロケーションを勝手にリバランスされるのではなく自分で調整していきたいので全世界型のような広範囲なバランス型のファンドは敬遠していますが、VTは手数料が安いので検討の価値はありそうです。
個別にETFを組み合わせていくよりはVTを中心に組んでいった方が販売手数料を考えると有利なのは解るのだけど...

バンガードによると、

2009年6月10日(東京)-世界最大級の投信会社である米国ザ・バンガード・グループ・インクは、米国ニューヨーク証券取引所(NYSE Arca)に上場する上場投資信託(ETF)バンガード トータル ワールド ストック ETF(VT)を金融庁への届出を完了。これによりバンガードが日本で届出を完了したETFは計6本となります。

Read more…

商品サービス比較