Archive

Posts Tagged ‘海外ETF’

昨日のVTIの下げは驚きました

5月 7th, 2010

ギリシャの財政状況を発端とする株価下落がNewsでも大きく取り上げられていますが、昨夜のVTI(米国ETF Vanguard Total Stock Market ETF)の下げは凄かったです。
VTIを絶対に無理であろう価格で注文を出しておいた私は、今朝終値だけ見てそんなものかと思っていたら、Firstradeから成約メールが届いていてびっくり。
チャートを見るとOpen:59.46,Day’s Range:29.76 – 59.82ですから久しぶりの投げ売り状態だったようですね。
(ちなみにS&P 500 INDEX,RTHはDay’s Range:1,065.79 – 1,167.58でした)
私の注文価格を振り切って1日で50%近い乱高下。瞬間的に20ドル台とは誰がそんなに売り注文出したんでしょう。(思わず笑ってしまうような価格で買えたにもかかわらず、もっと安く買えたかといつも以上に後悔。)

出典:Yahoo!Finance

ポルトガル・スペイン・英国とまだまだ懸念材料はあるので、どうなるか解りませんが、投信からETFへのリレー投資・バイアンドホールド派としてはとてもいい機会となったと言えます。



出典:Firstrade

コラム ,

人民元の切り上げは?

1月 27th, 2010

個人的に中国へ長期的に投資していこうと思っており、ポートフォリオでも比率が比較的高いので、人民元の動向は非常に気になりますが、ここのところ各国から人民元に対する切り上げ圧力が高まっていると報道が続いていますね。

となると、通貨ETFのWisdomTree Dreyfus Chinese Yuan ( CYB )を買ってみようかと検討したのですが、先週末からの株価下落で、以前に安めに注文を出していたETFがドンドン購入出来てしまって、Firstrade口座のキャッシュ残高が寂しくなってきてしまってます。
世界株式分散+若干の外貨&リートの長期投資を基本としているので、道は外さず我慢すべきかなぁ。

コラム , , ,

海外ETF

8月 3rd, 2009
コメントは受け付けていません。

ETF(上場投資信託)は投資信託に比べ手数料が安く長期投資向けの商品だと思いますが、歴史の浅い日本ではまだまだ商品数が少なく、海外ETFを検討するのも価値があります。
特にETF発祥の米国は選択肢が多く、流動性が高いので多くの投資家が利用しています。

また、ヨーロッパや中国のETFも魅力的なものが多く、利用者も多いようです。

海外ETFに投資する場合、海外株式用の口座が必要となります。
取扱が商品が多く、販売手数料が安いのはやはり下記のネット証券3社です。
為替手数料・外国株式手数料を検討すると僅かの差がありますが、それほど気になるほどではないかもしれません。
SBI証券 米国、中国(香港)
マネックス証券 米国、中国(香港)
楽天証券 米国、中国(香港)

口座開設においては、取引手数料、為替手数料のほか、取扱商品数・取引ツール等使い勝手をご検討ください。

Read more…

商品サービス比較, 投資の基本 ,